【第4弾】スマホプレゼント企画 iPhone 13 Pro

Apple Trade Inで高額に売るコツ・メリット・デメリットなど

3 min

APPLE製品を売却する時にメルカリ・ラクマ・ヤフオクなどのフリマ系のアプリを使うことが多いですがM1チップ搭載のMacが出てきてからは結構値崩れしているなあという印象だったので初めてAPPLE正規のApple Trade Inを使うことが多くなってきました。

この記事は次のような人におすすめ!
  • iPhone・iPad・MacなどのAPPLE製品を高く売りたい人
  • Apple Trade Inの利用を検討している人

Apple Trade Inとは?

Apple Trade Inとは?

Apple Trade In(旧APPLE GIVEBACK・Apple Renewプログラム)はAPPLEがAPPLE製品やその他パソコン、スマホを買い取るサービスですが他社メーカーは値がほぼ付かないようなのでほぼAPPLE製品専用としてみておいた方が良いかと思います。

正規と言ってもAPPLEジャパンが運営しておらず、Brightstar Japan株式会社が代理で運営しています。
Brightstar(ブライトスター社)は米国フロリダ州マイアミに本社を置く、携帯端末の卸売を中心とする事業を行うソフトバンクグループの完全子会社です。
2013年からAPPLE直営店と提携してiPhone下取りサービスを開始しているので長い実績があります。

Apple Trade Inのメリット・デメリット

Apple Trade Inは購入と同時に下取りというパターンと下取り単独のパターンの2種類あります。

下取り単独の場合は下取りはAPPLEギフトカードとしてもらえるのでAPPLE製品を買う時に使えます。

全てネット・宅配で完結して、下取り額が決まっており、もし不具合があり、減額されても無料でキャンセル可で返却されるので便利です。

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどのフリマ系アプリで高く売れることが多く、金額面ではデメリットですが梱包材は用意してくれ業者に気軽に売れるというのはメリットがあります。

ただ、APPLEサポートとBrightstarサポート両方と電話で話しして、わかったのですが下取りサービスに関しての情報がAPPLEサポートに明確に伝わっていないような状況のようです。

例えば、本来Macの下取りには電源アダプタ・電源ケーブルが必須なのですがAPPLEサポートの人は不要と言っていました。
結構この辺でトラブルがあるような印象です。

0120-036-700が電話番号ですがこの番号で検索して出てくるクチコミサイトでは結構悪いクチコミを見かけますが私が電話応対してくれた人はAPPLEサポートより全然親切でした。クチコミは悪いものの方が多くなる(わざわざ良いor普通のクチコミを書く人は少ない)ので仕方ないですがどのサポートでも当たり外れがあるので外れたら他のサポートにチェンジしましょう。

Apple Trade Inの下取り額は値上がりすることがある

通常は下取り額は時間が経つほど下がるものですが、期が変わる3月はよく増額キャンペーンをしていることがあります。

今回私が確認したのはキャンペーンでも何でもないのに上がっていました。

MacBook Pro 16インチを一度下取りに出しました時にAPPLEサポートの人に電源ケーブルを入れなくて良いというのを信じて減額されていますが笑

MacBookPro16 1 Core i9 2.3 16 inch A2141 (11/2019)の下取り増額前

下取り額は136000円でした。
54000円は電源ケーブルなしだったので減額されての下取り価格です。にしても電源ケーブルがないだけで82000円の減額って・・・

っで現在の下取り額が

MacBookPro16 1 Core i9 2.3 16 inch A2141 (11/2019)の下取り増額前

156000円と2万円増えています。
大体、MacBook Pro 16インチのCorei9 8コア 2.3GHz・16GB・1TBはメルカリなどで直近で最大19万円ぐらいで売れているので手数料10%引きの売却益17万円とすると1.5万円ほどの差になります。
17万円で売れていたのもあったのでそれだと手数料引くと153000円ほどでAPPLEストアで売った方が得ですね。

しかも現在はM1X搭載のMacBook Pro待ちの人が多いのでかなり売るのが大変で発表されたらもっと価値が落ちていくでしょう。

この増額されている現在が売り時な感じがしますね。ということでApple Trade Inで売ることにします。

Apple Trade In 新製品購入時だと下取り額が減額する時がある

Apple Trade Inには

  • 新製品購入と同時に下取り
  • 単独で下取り(何も購入しない)

の2パターンあります。普通、下取り金額は同額と思いますが、かなりビックリしましたが違うのです。

例えばMacBook Pro 16インチのCorei9 8コア 2.3GHz・16GB・1TBの場合、

  • 新製品購入と同時に下取り:124,000円
  • 単独で下取り(何も購入しない):156,000円

単独で下取りに出した方が高く売れて、差額が32,000円もあります。

かなり差があるのでどちらもチェックしてみて下さい。

APPLE製品をAPPLEストアで購入する時は楽天リーベイツ経由で購入すればポイントが還元されるので活用しましょう。

関連記事

気軽にコメントどうぞ